意外と知られていない貸倉庫と賃貸住宅の実態とは

賃貸住宅は収納が狭い!?

貸倉庫といえば会社のイメージがありますが、最近は個人で貸倉庫を借りていることも多いようですね。貸倉庫を借りる人は一体どんな人かと言えば、家の収納ではしまいきれないほどのものを持っている人が多いようです。物を持ちすぎて、しまうところが無くなったなんて経験は誰にでもあるかもしれませんね。収納が狭いと言えば、賃貸住宅は意外と収納が狭いのです。そのため、物をしまいきれずに貸倉庫を借りる人も出てくるのですが、なぜ賃貸住宅は収納が狭いのでしょう?

賃貸住宅の収納が狭い理由

賃貸マンションや賃貸アパートの収納が狭い理由はいつくかありますが、収納を多くすると有効面積が減ってしまうからですね。例えば60平方メートルのアパートがあった場合、トイレや浴室、キッチン、収納を除いた面積が有効面積とされているのですが、有効面積が広いほど家賃が高く設定できるのです。いくら収納不足になると言っても収納が10平方メートルある賃貸アパートよりも収納が6平方メートルしかない賃貸アパートのほうが有効面積が広く使えるため、その結果家賃が高く設定できるのです。その結果、貸倉庫のお世話になる人も出てくるのです。

倉庫を利用するときの注意点

では、貸倉庫を利用する場合どのようなことに気を付けたらいいでしょうか。倉庫を利用するときにはその倉庫と契約するときに説明書のようなものをもらうと思いますが、動物や灯油が入っているストーブなどの収納は禁止されています。ここら辺は常識で判断できると思います。また、貸倉庫には大きく分けて空調が効いていて倉庫を開けるのも時間が決められているところと、空調もなく時間は24時間開けたい時に空けることができる倉庫がありますが、重要な書類や骨とう品など価値があるものは前者に預けるようにしましょう。

物流というのは、商品が卸業者を通してお客さんの手に渡るまでの流れのことをいい、商売において必須の要素になります。