訪日客の店舗集客!大きなチャンスをつかむために何からはじめる!?

訪日ゲスト前提の基本ルール

お店に足を運んでくれるのが日本人であることを前提としてきた国内の店舗は訪日外国人にとって、とても不親切な環境であることは間違いないでしょう。例えば、自分がタイや韓国に旅行していたとして、カフェやレストランに足を運んだら、写真もなく料理名がその国の言葉で表示してあるだけだったら、多くの日本人は手も足も出ないですよね。しかし、写真があれば想像もつきますし、指さしオーダーもできるわけですから、現に海外からの旅行者を多数受け入れているアウトレットモールなどでは写真や動画などを多用しています。漢字や英語は読めるが、ひらがなやカタカナは読めないことに留意した最低限の対応からスタートする必要があるでしょう。

集客する前にやっておくべきこと

日本人を集客し店舗で接客をおこなってきたわけですから、訪日客への一番の課題は自分自身が何者であるかつまり自己紹介ができないということでしょう。また、外国人目線を身につけることは一朝一夕では難しいですから、そのようなときには素直に外国人に聞いてみましょう。店舗エリアはその周辺の大学には留学生がいるでしょうから、広告は的確に自社や自店を紹介しているか、訴求したい特長を伝えられているか、ゲストにとっての魅力は何か等をリサーチします。改めて、自店のユニークな特徴や独自性について考え明確にすることをやっておくのがいいでしょう。

訪日客への対応はターゲットを明確に

外国人観光客の集客強化に伴い、各会社の社員がセミナーに参加する機会が増加しており、どこのセミナーも満員状態が続いているようです。基本的な知識ももちろん大事ですが、まずは顧客ターゲットを意識しておきましょう。つまり、訪日外国人は新しい顧客群ですから、それを自社のターゲットとするのか否かということです。日本人の場合では効率的にマーケティングを活動をおこなってきたわけですから、同様にターゲットの明確化を行えば集客のための施策は自ずとみえてくるでしょう。成功事例でも、中国人、そして若い女性という絞り込みをしたことで、訴求するコンテンツを工夫し、集客に結びつけていることからもターゲットを明確にすることは日本人同様に重要と言えるでしょう。

O2Oのメリットは、オンラインの活動で実店舗の売上アップを狙えることです。オンラインの活動内容によって利益が変わる事も多いです。