フランチャイズってどんなものがある?自分の好きなことを仕事にしよう!

フランチャイズと言えばこれ!コンビニエンスストア

フランチャイズ、と聞いて一番初めに思いつくのは、コンビニエンスストアではないでしょうか。実は、客商売をしたいという人にとっては、自分で開業するよりも、フランチャイズのコンビニをオープンさせる方が良い場合があります。フランチャイズの大きな利点は、自分で宣伝しなくとも、本部が大きな広告をうってくれることです。他にも、経営指導や援助が受けられるため、全く知識のない人でも、成功する確立が高いのです。これらの効果により、オーナーは経営に専念することが出来るため、客商売をしたいけど、経営のことは分からないという人でも、好きなことを仕事にすることが可能と言えるでしょう。

自分の知識を活かして、人の役に立ちたい!学習塾

学習塾のフランチャイズも多くの人が聞いたことがあると思います。ピアノや英語、パソコンなど、様々なフランチャイズの学習塾がありますよね。自分が得意なことを人に教えたいけれど、経営や運営をするのは難しそう、と考えている人には、フランチャイズの学習塾をおすすめします。また、近年ではお家のお掃除をしてくれるサービスやクリーニング店などのフランチャイズ店が存在し、自分の得意なことを利用して仕事が出来る環境が整っている、と言えるようです。

独自のメニュー開発が出来る場合も!飲食店

フランチャイズの飲食店と聞くと、本部から送られてきたレシピで料理するだけなのでは、と考えている人も多いと思います。しかし、中にはそのお店のオーナーが独自にメニュー開発出来るという場合もあるようですよ。飲食店はオープンしてすぐにお客様が沢山来てくれるということは稀で、食材が傷んでしまい、赤字になってしまうなんてケースもありますよね。フランチャイズにすることによって、オープンしたてでも、ある程度のネームバリューがあるため、失敗しにくいと言えるのではないでしょうか。料理が得意で、飲食店をオープンしてみたいという人には、メニュー開発が出来るようなフランチャイズ飲食店はおすすめ出来ます。

代理店とは、メーカーや仕入れ先の取引の代理をする店のことです。そのため商品を売った儲けが収入になるわけではなく、メーカーからの手数料が収入となっています。売買契約はメーカーと買い手の間にあります。